7月9日は、富山県の高岡第一高校1年生対象の模擬授業でした。今回は地元のトヨタカローラ富山さんのご協力で実施しました。今日参加された1年生は全員クルマに興味があり、進路として整備士を視野に入れているとのこと。
まずは今日の模擬授業の内容の説明から。いよいよクルマとご対面。今日の実習車は、CH-R。大きいボディーですが排気量は1300ccのターボ付きのエンジンを搭載。資料を見ながら説明を受けます。クルマとパソコンを接続するとクルマの状態が一目で分かる、との説明も。
「自転車と自動車を対比しながらの、新田トレーナーの説明はとても分かりやすかった」と生徒の皆さんには大好評でした。