本学の人気科目「自動車メーカー技術論」で、7/2三菱自動車の講義が行われました。
「三菱のクルマを存分に体感してほしい」そんな今日の講義は、パリ・ダカールラリーの増岡浩さん、世界ラリードライバーの田口勝彦さんらを迎えて、体験型の授業が行われました。
モータースポーツグラウンドでは増岡さん、田口さんのパジェロスポーツ、エクリプスクロスによる同乗体験で、タフで走破性に優れた三菱4WDの走りを肌で体感することができました。
傾斜45度の坂道登坂では通常のクルマでは登ることのできない急勾配を、学生を乗せたデリカD:5が楽々と登っていきます。また、キャンバー走行や凸凹路面、スリップ状態を再現した走行体験でもタイヤの空転を制御する技術、4WDの安定性、よじれのないボディ剛性の高さなどについて解説していただきました。
さらにアウトランダーPHEVやエクリプスクロス、ekクロスによる一般公道を走る同乗体験も行われ、滑らかで力強いトルクや静粛性の高さ、スタイリッシュなデザインなどに学生の関心が集まっていました。
最後は三菱自動車販売会社による会社説明会が行われ、石川・福井県のブースでは本学卒業生の根布長秀人さん(金沢三菱)も学生に体験談を語ってくれていました。

学生に貴重な時間を届けてくださりどうもありがとうございました。