本学の人気科目「自動車メーカー技術論」で、6/11UDトラックスの講義が行われました。
講義では、UDトラックスはボルボトラックグループに属することや、UDトラックスの会社概要をはじめ、2030年までに完全自動運転と大型フル電動トラックの量産化をめざす「風神・雷神ビジョン」、それを支えるメカニックの実際の現場などを、動画を交えて説明いただきました。


実習では大型トラック・ボルボFHが持ち込まれ、乗用車とはケタ違いの540馬力・13,000ccのディーゼルエンジンや、先進のトランスミッション、ステアリング、排出ガス浄化装置ほか、ドライバーをサポートする安全性やキャブインテリアなどを解説していただきました。学生は自由にキャビンに乗り込んでダイナミックな感触を実感していました。

また、巨大サイズの主要部品(ピストン、ターボ、ユニットインジェクター、エアクリーナー)の展示では実際に手に取りながら解説をしていただきました。学生に親しく説明してくれたのは本学卒業生の平西俊英さん(H13.3月卒)。

学生に貴重な授業を届けてくださり、どうもありがとうございました。