卒業式そして自動車整備士登録試験を終え、卒業生は今日までに全員大学を巣立っていきました。おめでとう、また会う日まで。

学生にとって飛騨高山は、行ったことがあるというだけのただの観光地ではありません。青春時代を過ごした「第2のふるさと」です。全国に別れ散っていっても、ニュースで高山を見れば思い出し、初雪が降れば高山の光景が脳裏に浮かぶ、、、そんな飛騨高山と大学の思い出をいつまでも大切に。